FC2ブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

乳癌の原因

(がんをつくる心 治す心/土橋 重孝 より)

右乳がんの患者さんのほぼ全員に共通する事は、がんになった原因について、初めは皆さん「まったく心当たりがない」と答えていることでした。
ですが、日頃の生活や悩みや心配事などについての解答から、右乳がんの患者さんは、どなたも長年にわたって、家庭内の問題で強いストレスを持っていたことが明らかになりました。

くわしく調べていくと、右乳がんの患者さんは、夫に不信感を抱き、夫との結婚生活に疑問を感じてお互いに背を向け合うような生活をしたり、ことあるごとに腹が立つのを抑えて我慢していたなど、かなり強い心理的ストレスが続いていました。
 右乳がん患者さんは、理論的で理性的な頭脳の持ち主で、現実的に物事を処理しようとする傾向があり、そうした面が長年にわたって強い心理的ストレスを抱え込むようになったようです。

一方、左乳がんの患者さんは、右乳がん患者さんとは対照的でがんになった原因について思い当たることを、あまり間をおかずに話してくれました。
 左乳がんの患者さんは、肉体的にかなり負担をかけた時期があったので本人に心当たりがあったのです。
しかも、体に最も負担をかけた時期は、一様に乳がんと診断される6ヵ月から1年くらい前で、ストレスを受けた時期は、右乳がん患者さんに比べてそれほど長くありません。

その時期に乳がんが発症したわけではありませんが、その時期に受けたストレスが、がんを急速に進行させるきっかとなった可能性が考えられます。
 左乳がんの患者さんは、相手の気持ちを思いやる心の優しいタイプの人がほとんどで、例えば無理な仕事を頼まれても、なかなか断れないという受け身の状況の中で肉体に負担をかけてしまったようです。



それでか~ぁと、やけに納得できた。
私は、右側。
確かに、結婚生活の中で次から次へと問題が起き、時には金銭問題、時には女性問題。
気の休まる間は、無かった。
心身共に結構、こたえた。

心が悲鳴をあげていた。
スポンサーサイト

<< 再建 | ホーム | ホルモン治療の副作用 >>


コメント

こんな分析の仕方があるなんて、おもしろいですね〜。
私は右だけど、うーん、なんかよくわからない...。

niroakさんへ

やっぱり、全員に当てはまる訳じゃないみたいですね^_^

はじめまして・・わたしも右側
思いだせば いろいろ出てくるwそうなんだよね
これからは楽しく生きて行きたいです そう思えた。
でもよく左側もならなくて良かったって思える。

ストレスは一番の大敵!!

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

 ホーム 


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。