FC2ブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ホルモン治療の副作用

ホルモン治療を始めてから色々な副作用に悩まされる。

①ホットフラッシュ
②不眠
寝付きが悪くて、眠りが浅い。
朝になるまでに、何度も目が覚める。
③気持ちが、沈む
何もする気にならない。
体が、重い。心が、重い。
④吐き気がする。
⑤体が、だるい
⑥疲れやすい。
⑦視力低下
⑧頭痛
⑨めまい

自分の体調をコントロール出来ない腹立ち。
日々、変わる体調に対しての不安。

ホルモン治療を開始してから4ヶ月が過ぎた頃、乳腺外科の担当医に副作用の事を相談すると、精神腫瘍科で受診する事を勧められた。

「精神腫瘍科」???始めて聞いた。
癌患者を対象とした精神科らしい。

数日後に受診し、漢方薬を処方してもらった。
どの漢方薬が体に合うか分からないので、2種類を1週間づつ試す事に。

先ずは、「加味逍遙散」
次は、「当帰芍薬散」

漢方薬は、飲みやすく感じる方が体に合ってるとか。
私は、当帰芍薬散の方が苦味を感じず、飲みやすかった。
毎食前に服用する。

漢方薬を服用し副作用が、劇的に改善されたとは言えないが、不眠と気持ちの沈みは少し改善された気がする。

まだまだ先が長いホルモン治療。

これからも、色々な副作用に悩まされる事も有るだろうが、その時々で対策を練り乗り切りたい。
スポンサーサイト

<< 乳癌の原因 | ホーム | それぞれの戦い、そして相乗効果 >>


コメント

吐き気がするのはキツいですね。私も目が時々変なかんじになったり、もともとあった足のむくみがひどくなったり。

精神腫瘍科はまだある病院が少ないので、ゆめかさんの病院にあってよかったですね〜。

niroakさんへ

なるほど。精神腫瘍科は、まだ少ないんですね。

吐き気とは、胃がムカムカする程度なので軽い方ですが、
症状が続く時は、ちょっとこたえますね。


コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

 ホーム 


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。