FC2ブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

発見・・・

あの日は、入浴前に何気なく右の胸に触れた。
乳房の外側に小豆大ほどのシコリが手に触れる。

「えっ、何?」
「まさか・・・・嘘やん」

と、思いながら、何度も確認した。
でも、間違いなくシコリは存在していた。

とても小さいけれど、存在感は十分に有った。

入浴しながらも気になり湯船に入りながら、体を洗いながら何度も右胸を触った。

何度確認しても、シコリはなくならず、そこに存在していた。

「今まで、全く気が付かんかった」
「いつから、有ったんやろ?」
「これは、早急に検査して白黒をはっきりさせなアカンわ、明日にでも動こう」

次の日、パソコンで調べて検査をしてくれそうな病院に電話を掛けた。

「シコリが有るなら検診ではなくて、診察を受けられた方がいいですね。こちらの病院は検査は出来ても後のホローが出来ませんので、他の病院で診察を受けて下さい」との事。

「もし良ければ、どこか病院を教えて頂けませんか?」と聞くと

「そうですね、〇〇病院、〇〇乳腺外科、〇〇医院」など、何か所か教えてくれた。

「どこに行こうかな?」「う~ん、〇〇乳腺外科にしよう」

特に理由が有った訳では無いが、その病院を選んだ。
選んだ病院のホームページを見たら、「診察に来られた、4.1%が癌」と書いていた。

「私が4.1%に入る訳がない」

そう思いながら、電話で予約を取った。
翌日の予約が取れた。

主人や二男(同居の家族)に、何も言わずに診察を受ける事にした。
二男は、海外に居たので心配を掛けたくなかった。
主人は自分の事や仕事の事で色々と忙しいし、相談した所で状況が変わる訳では無いので、話をする気になれなかった。

「取敢えず、明日や」

スポンサーサイト

<< 初めての診察 | ホーム | あれよあれよと、思う間に・・・・ >>


コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

 ホーム 


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。