FC2ブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

いよいよ入院

2013.1.21
入院。

必要な物をカバンに詰めて、準備
タクシーを呼んで、いざ病院へ

タクシーでの会話

「○○医療センターまで」←私
「どっか、悪いんですか?」←運転手
「まあ」←私

「私、乳癌でね、明日に手術してオッパイとお別れするんです。なんて言う訳ないやん」←私、心の声


「人間、健康が1番やね。癌とか大変やもんね」←運転手
「そうですよね」←私

「いやいや私、癌やし」←私、心の声

「ホンマね、お金とかより健康ですわ」←運転手
「本当ですね」←私

「まだ言うか、今から病院行くねん。何か有るかもね、とか思わんか?まあ、良いけどさ」←私、心の叫び


運転手は、知らんやろけど
私にとっては、ちょっと大変な日々やねん。
なんて思いながら、タクシーを降りた。

病院では、入院専用の受付へ
事務的手続きして、病棟へ

ナースセンターに声を掛けて、病室へ

数年前に建替られた病院だから、病室も綺麗し明るい。
外が良く見える。

あ~ぁ、入院生活の始まり始まり。
明日は、手術。

就寝前にオッパイに生まれて始めて声を掛けた。

「今まで当たり前過ぎて、何とも思わんかったけど、今日まで有難う。オッパイを無くしても、頑張るわ」

失う日が来るんやったら、もう少し日々の生活の中で、オッパイに感謝しとけば良かったわ。
スポンサーサイト

<< 手術当時 | ホーム | 手術の説明 >>


コメント

ゆめかさん、こんばんは?

コメントうれしいです。

これから副作用との闘いになっていきます。

でめ、本当に孤独でした。

今こうしてコメントをおくっている私が不思議に感じます。

がん細胞と、うまく共存しなくては?

応援してます。また訪問させていただきます。

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

 ホーム 


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。