FC2ブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

手術の説明

2013.1.18
手術について説明が有った。
主人と母と私の3人で聞く。

先生の話の途中で母が動揺したらどうしょうと、少し心配だった。

待合室で「私は大丈夫、オーラ」を出しながら、呼ばれるまで待つ。

「○○さん、どうぞ」と呼ばれ診察室へ

まずは、癌の種類
シコリの部分は、小葉癌
シコリ以外でMRIに異常が見つかった部分は、細胞を取ったが、取った場所からは癌は見つからなかった。
でも、怪しいし大きさは約10cm

全摘か温存か?悩む所。
先生は強制はせずに、私の意思を尊重するみたい。

温存なら放射線が必須。
毎日毎日25回以上、放射線治療に通院しなければならない。

温存を選択しても、再手術になる事も有るとか。

「全摘か温存か、入院の日までに決めて下さい」←先生

「全摘した方が、後々心配が少ないんですよね」←母

「今は取り敢えず、温存も選択出来るんですね」←主人

「98%全摘で」←私

乳房以外にリンパも検査をするとか、色々と説明を受けた。

シコリを見つけてから、検査検査で時の流れが通常より早かった気がする。

有難い事に、今まで大きな病気や怪我の経験がないので、体にメスを入れるのは始めて、未知との遭遇や。

心配していた母も、最後まで冷静に話を聞いていた。

いよいよ手術か‥‥‥



追記
診察室を出てから母が
「あの先生、男?女?」
「名札の写真が男やったし。」
「ずっと気になって見とってんけど、男やんな」

はっ?
どう見ても、女ですけど(-_-)
スポンサーサイト

<< いよいよ入院 | ホーム | 母へ報告 >>


コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

 ホーム 


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。